カマグラとバイアグラの類似点と相違点

カマグラとバイアグラ、ED治療薬の代表コンビですが、何が違うのでしょうか?

実は、この両者下記に記してあるように違いはさほどないのです。

カマグラ → 有効成分シルデナフィル 勃起時間3時間〜5時間
バイアグラ → 有効成分シルデナフィル 勃起時間3時間〜5時間
カマグラの副作用 → 頭痛、めまい、火照り等
バイアグラの副作用 → 頭痛、めまい、火照り等
禁忌事項 → 高血圧・低血圧、心臓・腎臓病の持病がある方


見ての通り、カマグラとバイアグラはほぼ同じようなものなのです。それでは一体何が違うのでしょうか?比較してみましょう。

バイアグラはED治療薬として、世界で初めて開発されたED治療薬です。狭心症の開発から始まり結果として勃起に作用することがわかり、アメリカのファイザー社より、ED治療薬として発売されることになった、男性の夢を叶えた最初の医薬品です。

カマグラは、バイアグラの特許が切れたことにより、インド大手製薬会社アジャンタファーマ社で製造が可能になったジェネリックED治療薬品です。基本的にジェネリック医薬品は、通常販売されている医薬品より、安い価格で世の中に流通されています。

バイアグラに至っては、国内で販売されているバイアグラと海外で販売されているバイアグラでは主成分の含有量が違うのです。国内販売のバイアグラはシルデナフィルが50mg含まれており、海外バイアグラでは100mgまで可能なのです。カマグラも100mgまでの量が可能になってます。ただし、これらの量は欧米の男性の体格に合わせて作られているので、半分に割って服用されることをお勧めいたします。

それでは気になる価格をみていきましょう。

アメリカのファイザー社より発売されているバイアグラですが、国内の医療機関で入手すると、1錠約1500円〜2000円、これに診察料などがその他かかります。

個人輸入でバイアグラを入手した場合の価格は、1錠あたり1500円から4000円です。カマグラに至っては1錠100円から700円と販売国によって変わります。

中国などではジェネリック医薬品は製造されていないので、購入される際に必ず生産国を確認してから購入するようにしてください。

バイアグラとカマグラの違いがもうおわかりですね。ED治療薬品もコストパフォーマンスなどの面で選択できるようになり、ますますED治療薬も入手が容易になり、期待できます。

カマグラ 全ての商品を見る